諸所について

もう二度と消さないから

漫画

 

 俺は、暇なとき漫画を読む。「この本読んだら、何か面白い体験ができそうだ」と直感的に思った漫画を読む。

  印象に残る漫画がいくつかあった。模造クリスタルの「金魚王国の崩壊」や手塚治虫の「火の鳥」、岩明均の「寄生獣」など、抽象的で広いテーマを扱ったものが多かった。

 

 俺は、少年漫画を少年時代に卒業した。小学生の頃は、兄が買ったジャンプや単行本を部屋に忍び込んで、読んでいた。自分から漫画の単行本を買うことは少なかったので、兄が大学に進学して家を出る頃には、俺もジャンプを自動的に卒業した。

 ドラゴンボールを初めて読んだのは、8歳ぐらいの頃だと思う。中学生になる頃には、少年漫画の既視感に飽きて、徐々に流行り始めたWeb漫画を漁っていた。今ではメジャーな、不条理ギャグ「ワンパンマン」に出会ったのもその頃だった。当時有名だったWeb漫画はだいたい読んだと思う。

 

 一般的に面白いと言われている漫画は確かに面白いけど、俺の場合は、1週間もすれば内容をほとんど忘れる。架空のキャラクターが架空の世界で何をしていたところで、世界が閉じている限り、「そういうもの」の一言で片付いてしまう。俺は、ドラゴンボール以外の少年漫画の詳細を覚えていない。作者の用意した架空の世界にとことん興味が無いんだと思う。その時どんなに熱狂して読んでいても、印象に残らない。

 

 恐らく、こんな体験は俺特有のものではなくて、むしろ一般的なんだと思う。漫画愛好家や特定のファンでもない限り、漫画は刹那的に消費される。いつまでも同じ漫画に張り付いているほうが稀で、サッと読まれてサッと忘れられる。Twitter漫画は漫画という媒体の強さと脆さを如実に表している。

 

 しかし、その中でも印象に残る漫画がある。印象に残る漫画は、現実の苦悩の中から引っ張り出してきた普遍的なテーマが多い。それは、人生を生きるにおいて避けられないような状況や複雑な問題であって、解決されないまま放置されることも珍しくない。

 俺にとって印象に残っている漫画がそうである理由は、過去に体験した、忘れてしまった記憶に結びついているからかもしれない。

chronic complainer

 SNSはchronic complainer疾患者が多く利用している。不平不満を吐いてストレスを解消する、という欲求を満たすため、同好の士が集うTwitterはてなブックマークで政治的な不満を繰り返し吐き続ける。その一連の行為はchronic complainer達の一体感をより強め、習慣を強固にする。

 彼らの主目的は、問題の原因を環境への委譲し、文句を垂れ流すこと。そうすれば、解決のために行動する必要もないし、あまつさえ運が良ければ、問題が解決する。

 このような集団は、ネット上における、左翼右翼思想、ジェンダー思想、陰謀論 など、様々な衝突問題の核を担う。以前は市井で行われていた市民のストレス解消法がネット誕生以後、簡単に共有されるようになった。

 彼らは反社会的存在であり、不能なテロリストの一種である。しかし、それら反社会的人間の総体こそ市民の正体かもしれない。

ゲーム

f:id:thaetyjarej:20210430210233j:plain

 先日、積んでいたゲームのうちの一つ、hylicsをクリアした。なかなか奇抜な体験だった。ゲームシステムが少し斬新で、テレビを見てスキルを覚えたり、死んだ敵の肉を集めて死後レベルをあげたり、ウォーターサーバーから出る水でWill(ドラクエで言う所のMP)をあげるなど、世界観の不条理さが際立っていた。難易度も不条理だし、ストーリーも奇怪(そもそも理解していない)だったし、町の人間はナンセンスなテキストしか話さないし...何が魅力なのかって説明しづらいゲームだった。個人的には面白かったけど。

 昨年hylics2が発売されて、このゲームの存在はそのプレス記事で知った。買おうかな~。でもどうせ、ストーリーとか理解できないだろうな~。

 

f:id:thaetyjarej:20210430211234j:plainf:id:thaetyjarej:20210430211329j:plain

 クレイアニメのようなキャラクターモデル、色階調を下げて統一感を出す手法は既視感はあったけれど、戦闘中にキャラクターの手がぬっと現れて攻撃する演出なんかは、衝撃的だったかも。攻撃モーション全般がすごく斬新。

 

 

 アクションゲームはSEKIROをやんなきゃなぁとか考えているけれど、面倒くさい。そうえいば、マテリアルの作り方が面白かったらしい。

 記事の内容がザックリとしていて、わけわからんけども、劣化具合のパラメータがあるらしい。劣化パラーメータほしいな。

餓史シャチの幸 インターネットと冒険

f:id:thaetyjarej:20210424143830p:plain
 AUTOMATONをざーっとみていると、餓史シャチの幸という00年代前半のインターネットをモデルにしたADVゲームが目に入った。遊んだ。

 OSはWindowsXP(00年代前半)を基にしているようだけど、ゲーム中に登場するwebページはすこし古めの90年代後半のデザイン。だから間違っているどうこう、というわけではなくて、当時はWebのデザインが発展途上だったので、凝ったデザインと洗練されていないサイトが入り混じっていた。高層マンションと長屋が隣り合って存在しているような、尼崎北部みたいな。

 遊んでいる最中は、「そうそうこれこれ」と納得しっぱなしだった。「餓史シャチの幸」というナンセンスなネーミングや「Gashiko」という少女キャラクター、等速で移動する画像、原色を基調にした配色、ポエム、ロシア語、人工音声。あの時代のアングラな雰囲気を再現しようという試みが強く感じられた。ちなみに、今でもDeepWebでは似たようなサイトが転がっている。

f:id:thaetyjarej:20210424143110p:plainf:id:thaetyjarej:20210424143045p:plain

 f:id:thaetyjarej:20210424143639g:plain

 

 プリミティブな冒険を作ってみたくて、RPGのシステムを用意している。連日PCの前でカタカタやっていたので疲れ気味。